• Keizo Murai

「ハドソン川の奇跡」は、奇跡ではないのです。

この題名は、機長自身は良しとしないかもしれません。(^_^;)

彼は、40年間の経験から

プロとしてやるべきことをやったまでで、

すべてが、想定内の結果だからです。

熟練者ゆえのなせる技なのです。

「奇跡」と言ってしまうと、

一か八かの賭けに乗客を巻き込んだことになってしまいます。

それゆえ、彼は、「奇跡」と言わないでほしい、

「ヒーロー」とも言わないでほしいと訴えていたのに・・・。

それにしても、

久しぶりに心が洗われました。

いつも、ゾンビだの、ガンアクションだの

血で血を洗うようなやつばかりなので・・・(^_^;)



0回の閲覧0件のコメント