• Keizo Murai

これは一体何の儀式なのだろうか?

快晴の週末。

家の周りの砂利石の上に 新しい砂利石を撒くことにしました。


ひと袋20キロの砂利石10袋。 腰が抜けそうになりながら運び 撒き、平らに均し、 2時間近くもかかってやっと完了しました。


お風呂で汗を流して二階の書斎でくつろいでいると 玄関のドアがバターンと、ものすごい音で開き 誰かがものすごい勢いで階段を上がってきます。 まちがいなくかみさんでしょう(;^_^A 明らかに激怒しています。


どうやら、 かみさんが育てていた苗木の上に 石を撒いてしまったらしいのです。 丸い小石を並べて区切っていたそうですが 全く気が付きませんでした。


恐る恐る現場を見に行くと こんな風になっています。 雑草と思って抜いてしまったなんて 怖くて言えない・・・。



閲覧数:1回0件のコメント