• Keizo Murai

エーリッヒ・フロム著 「愛するということ」で、ストンと腑に落ちたこと。

エーリッヒ・フロム著 「愛するということ」を読み始めてからと言うもの

ふと、人と人との関係性を考えるようになりました。

エーリッヒ・フロム曰く

「結婚は、”円滑に機能するチーム”ではいけない。

お互いを理解し、争いがない関係は、

ふたりの間がぎくしゃくすることはないが、

結局のところ生涯二人は他人のままである」

赤の他人で、価値観も違う二人は、

ぶつかり合うことで初めて

関係性を築くことができると言うわけですねぇ。

ということは、浅い関係からは、

何も生まれないのでしょうか・・・。

でも、まぁ、なんとなく、

ホッとしました(^◇^;)

いつもけんかばっかりしているので(^_^;)




閲覧数:0回0件のコメント