検索
  • Keizo Murai

<サプリメント016>昭和のドラマが心にしみる。

泣けた。

ひっさしぶりに、テレビで泣けた。


TBS水曜ドラマ「時間ですよ」

第一シリーズの第一回。

森光子が、まだ40代の頃の作品。

当然、白黒。


録画してるから後で見よーっと。


と、思いながら、

見るとはなしに、チラ見しながら、仕事していた。


舞台は、東京の下町の銭湯。

どうやら、一人息子の一郎のとこにお嫁さんが来たようだ。

で、同居することになった、その初日。

女将さん(森光子)と、ご主人(船越英二)は、そわそわそわそわ。


やってきたお嫁さん(フミ:大空真弓)は、大学出のいいとこのお嬢さん

案の定、不穏な空気


女将さん 「疲れただろうから、お風呂でもお入りよ」

フミ 「わたし、ほかの人とお風呂に入るなんて・・・。家族用のお風呂はないんですか?」


はたまた、


女将さん 「さぁさぁ、ここが台所、自由に使ってね」

フミ「冷蔵庫がこの位置じゃー、使い勝手が悪いです。それにこの戸棚も」


とまぁ、ことごとく衝突

一郎は、ことごとくフミの味方

険悪な雰囲気。


夕飯も終わって、お酒も入って、

ひとまずは、いい感じの団らん。


と、そこに事件勃発。

ケンちゃん(堺正章:従業員)が駆け込んできた。


「浜さん(樹木希林:従業員)が、酔っぱらいに絡まれてますー!」


やれやれ、といった感じで、女将さんは立ち上がる。

一郎とフミに向かって、

女将さん 「心配しないで。それよか、明日会社なんだろ、早くおやすみよ」

さみしそうである。


なんとか、一段落。

こたつで一服する女将さんと浜さん。

しんみり。

ほかの人たちは、もう眠っている


女将さん 「浜さん、あたしゃーね、お嫁さんが来るってんで、家族が一人増えるって、思ってた」

浜さん 「・・・」

女将さん 「でも、減っちゃた」(←いいセリフ)

浜さん 「・・・」

女将さん 「一郎なんてね、こんなことがあったら起きててくれたもんだよ。心配そうな顔してさ」


ホントにいいドラマって、奇抜な設定なんてなくても、ジーンとくる。

余命いくばくの・・・とかなくったって、

大声で愛を叫ばなくったって、

そんなドラマチックな設定なし、

大げさな演技をしなくても、

ほんと、些細な仕草、セリフだけでジーンとなる。



ボクは、不覚にも、その次のシーンで、泣きそうになってしもうた。

仕事ヤーメタ。



女将さん、ふと台所の方を見る。

と、そこにはフミが。

女将さん 「あんた、・・・」

フミ 「宵っ張りなんです、わたし」



森光子の、面映いような、泣きそうなような、うれしいような、何とも言えない表情。



いいドラマは、

心のサプリメントになるなぁ。




1回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示