検索
  • Keizo Murai

<サプリメント017>異空間こそクリエイティブ。

時刻は15:00。

いい天気。

時折、道行く人の声が聞こえてきたり、

上空を飛ぶヘリコプターの音が聞こえてきたり。


うーむ。

のどかである。














こんな「昼間」の空気と、「深夜」の空気は、何かが違う。

明らかに違う。


車を運転して、音楽を聴いていると、その違いが、如実にわかる。


「昼間」は、周りの景色がドドーッと洪水のように目に入ってきて、

こころなしか、音楽が遠くで聞こえる。

注意を注ぐ配分が、視覚に半分、聴覚に半分。


「深夜」になると、これが激変。

目に入ってくる景色が、昼間とは桁違いに減少。

聴覚に注ぐ配分がググーッと増えてくる。

そのおかげで、音楽の臨場感が倍増。

だから、深夜のドライブはドラマチック。


「深夜」の空気は、景色にとどまらず、

周囲からの刺激があきらかに減っている。

だから、感覚が鋭敏になっていく。

研ぎすまされていく。

何かが目覚める。

----------------

なんらかの創作を行うクリエイターの人々は、この空気の違いに敏感に反応する。

終電なんて、なんのその。

「深夜」になるほど、エンジンがかかってくる。(←仕事が多すぎて終わらない・・・せいもある)


この貴重な「深夜」の時間帯は、厄介な代物でもある。

いかんせん、人間は疲れる生き物。

この時間になってくると、集中力がなくなってくる。

能率があがらない。


なんとか、ならんものか・・・。

------------------


そんなある日のこと。

思い切って、21:00に寝た。(←ヤケクソ)


仕事の続きが気になってか、翌朝3:00に起床。

シャワーを浴び、目を覚ます。


机に向かって、ハタと思った。

辺りはまだ暗い。

「深夜」と空気感は同じだ。

むしろ、ディープ感は増している。


しかも、睡眠で疲れが取れてすっきりした頭。


あー、こりゃーいいわ。


と、なったのが運のつき。

ボクの朝方生活の始まりでした。

その日以来、ずーっと、このペースが続く。

ちなみにボクは、朝、映画を観ます。

0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

murai6733@gmail.com記念de絵本ブックストア(誕生日プレゼント、出産祝い、結婚記念にぴったりのオリジナル絵本をお届けします)

  • Facebook Social Icon
  • Instagram Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • Pinterest Social Icon
This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now