検索
  • Keizo Murai

<サプリメント020>恋愛こそ「優しい」だけでは通用しない。

オトコってーのは、ホントに不器用。

心底惚れたオンナには、嫌われたくないあまり、終始「ヤサシく」してしまうことがある。


デートなんて、もうバッチリ調べて、きっちりエスコート。

抜かりはないはず・・・。

でも、デートを重ねるたびに、彼女との距離が離れていく。


単なる「いいひと」になってしまっていた。・・・これがいけない。


皮肉なことに、

というか、悲惨なことに、

ガンバった恋愛って、長続きしたためしがない。

----------------------

逆に、ウマく行った恋愛は、「ワルい奴」が顔をのぞかせたとき。

つまり「ヤサシい」ではなく「ヤラしい」 である。


「ヤラしい奴」が、ときおりみせる「ヤサシさ」

諸刃の刃ではあるが、


・・・モテそう。


うーむ、

こればっかりは、経験を重ねるしかない。

-----------------

そこいくと、小学生の方が、的を得た行動をする。

オトコの子は、好きなオンナの子に意地悪をするのである。

決して「いいひと」にはならない。



オンナってーのは、どうしてこう、扱いづらいのだろう。

そこんとこの真相をオシエテ。





0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

murai6733@gmail.com記念de絵本ブックストア(誕生日プレゼント、出産祝い、結婚記念にぴったりのオリジナル絵本をお届けします)

  • Facebook Social Icon
  • Instagram Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • Pinterest Social Icon
This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now