• Keizo Murai

<サプリメント024>類は、必ず友を呼ぶ。

なぜだか、ボクは女子から恋愛相談を受ける。

会社員時代のランチタイムは、恋バナタイム。


軽いお話から、重ーいお話まで。

おかげさまで、勉強になります。

------------------

そんなある日。


女子A「親権のこと詳しい?」

ボク「・・・」(←イヤな予感)

女子A「親権だけは、とられたくなくって・・・」


話を聞くと、どうやら、ご主人がキレやすい性格のようで、ついていけないらしい。

話もろくに聞いてくれないらしい。

会話、ほぼゼロ。

不誠実とのこと。


----------------

じゃー、なんで結婚したの

と、聞きたいところを、グーッとガマン。

--------------

ボク「知り合って、どれくらいで結婚したの?」

女子A「3ヶ月ぐらい」


結婚する前に、見極めなきゃ

と、言いたいところを、グーッとガマン。

--------------

ボク「別れたとして、生活はどうするの?」

女子A「好きなヒトができちゃって・・・」

ボク「!?・・・」(←イヤな予感)

女子A「いま、そのヒトのところにいるの」

ボク「・・・」


どうやら、そのヒトと言うのは、飲み友だちらしく、

ご主人のことを話したら、ヤサシく慰めてくれて、

ホロリときたそうな。

---------------

女子A「でも・・・」

ボク「・・・」

女子A「彼・・・実家に帰ってしまって、それ以来、連絡が取れなくって・・・」

ボク「・・・」

-------------

そのヒトは、怖くなって逃げちゃったんだよ

と、言いたいところを、グーッとガマン。

------------

ボク「そのヒト、ちょっと不誠実なんじゃない?」

女子A「・・・そんなことないよ」

それから、しばらくは、この相談が続きました。

聞くだけで、精一杯。

暗ーくなって疲れるし・・・。

ヘトヘトです。

------------------

そんなある日の昼下がり。


ボク「ランチ行くかいな?」

女子A「・・・えーと。悪いんだけど、今日からひとりで食べにいく」

ボク「?」

女子A「あのヒトと連絡が取れたの」

ボク「ふむふむ」

女子A「でね、他のオトコのヒトと一緒にいるとこ観られたくないし」

ボク「・・・」

----------------

むむむむ、む。

せっかく、話聞いてあげてたのに・・・。

お、待てよ。

「女子A」「ご主人」「あのヒト」は、似てないか?


そうだ。

見事に、揃いも揃って「不誠実」。


うーむ、

「仲良くなる人、付き合う人は、自然と同じ価値観、似てる人が集まってくる」って言いうが、このことか・・・。



なるほど、なるほど。



相手に「誠実」を求めるのであれば、まずは自分が「誠実」でなければいけない。

でなければ、「不誠実」なヒトが集まってくる。




・・・うん?待てよ?

ということは、ボクも「不誠実」?




0回の閲覧0件のコメント