• Keizo Murai

<サプリメント111>笑うセールスマン

N氏の家に、そのセールスマンがやって来たのは、10年ほど前のこと。

自慢げに持って来たモノは、空気をキレイにする機械


「ぜひ、お使い下さい。

スバラしい製品なんです。

画期的なんです。

未来の技術を使ってるんです。

絶対に安全です。


それに・・・

設置して頂けた場合、

補助金も出ますから、家計が潤いますよ」




























補助金に

ついふらりときたN氏は、

その空気清浄機を設置してしまった。

空気清浄機を設置して、しばらくしてからのこと。

大雨が降って雨漏り。

運悪く、空気清浄機が水をかぶってしまった。


あれよあれよと言う間に、

空気清浄機から

何やら煙がモクモクと吹き出して来た





















どうやらその煙は有毒なようで、

N氏は、もはや家には住めなくなってしまった。


モクモクと有毒な煙を出す空気清浄機。


くだんのセールスマンがやって来たが、

近づくことすらできず

修理できない。

煙は依然として出続ける。


原因すらわからないまま、

煙は依然として出続ける。


3年の年月が経つが、N氏は、家には戻れない。


その空気清浄機を使っていた日本中の家庭は

恐ろしくなって、電源を切ってしまった。

そんなある日のコト。

隣の家にあのセールスマンがやって来た。


「なんとかもう一度使って頂けないでしょうかねぇ。

事態は収束してるんです。

安全基準にはパスしてるんです・・・」


その隣人「新潟氏」は、空気清浄機を使うのだろうか・・・。








このショートショートのようなお話。

どこかで聞いたような気がしてならない今日この頃です。

笑うセールスマンは、

アナタのところにもやって来たりはしないのでしょうか。

閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示