• Keizo Murai

三島由紀夫「憂国」は読むにはかなりの覚悟がいると思います(;^_^A

妻を娶って間もないが故に

二・二六時件の決起に参加できなかった武山中尉。

彼は、決起した親友を討つ立場になってしまう。


それを潔しとせず死を選ぶ武山。

そして軍人の妻として、

「お供させていただきます」と言い放つ妻。


凡百の作家が描くと絵空事にみえるが

三島が描くからこそのリアルさです。


読んだ後、

放心状態になってしまったのは久しぶりです。


三島由紀夫、曰く

「小説家としては

この作品を書き終えたことを以て

満足すべきかもしれない」


と言わしめる作品でした。


ただし、

読むにはかなりの覚悟がいると思います(;^_^A




1回の閲覧0件のコメント