• Keizo Murai

多くの人が抱く川端康成のイメージが崩れ去る作品「片腕」

川端康成という作家について、多くの人が抱いているイメージ。

それは、美しい純文学を描く作家、というイメージだと思います。

確かに文章は美しい。

ただ、その内容が美しいとは限らないのです。

「片腕」というタイトルからどんな小説かを想像できるでしょうか。

愛する人の「片腕」を借り受けるお話。

義手のこと?と思われるやもしれません。

いえいえい、義手ではありません。

「生身の腕」です。

とてもシュールで、耽美なお話ですので

心して読む必要があります(;^_^A

多くの人が抱く川端康成のイメージが崩れ去る作品だと思いますが

これこそが川端康成なのです。



閲覧数:3回0件のコメント