• Keizo Murai

小津安二郎監督「秋日和」

原作は、里見弴の同名小説。

ボクなりの勝手なイメージでは、

小津作品の中の

原節子は笠智衆の娘さんであり、父親思いの彼女が

なかなか結婚に踏み切れない・・というもの。

ところが、この作品では、

原節子が母親であり、母親思いの司葉子が

なかなか結婚に踏み切れないという構図です。

結婚が決まった娘に、

「私のことは心配いらないから、私は大丈夫だから・・・」

と告げるときの原節子の笑顔が、何ともいえず切ないのです。

完璧なる号泣ポイントです。

このシーンまでの、100分間あまりのお話は、

このシーンのためだけにあると言ってもいいのかもしれません。



0回の閲覧0件のコメント