• Keizo Murai

押し入れからの贈り物。@別府の実家。

実家の押し入れから出てきました(^_^;)

これは、小学生の頃、近所の駄菓子屋で、

景品で当たったのです。


小学生にとって、ソノシート付きの本が当たったら

それはもう大変なことでした(^_^;)

その時の、大興奮が脳裏に蘇ってきます。


景品とはいえ、よくよくみると筒井康隆原作なんです。

父親の体内に寄生した怪物を

ミクロの大きさになって退治するというオッカナイお話(^_^;)




閲覧数:0回0件のコメント