• Keizo Murai

村田沙耶香 著「コンビニ人間」は、無機的に淡々と主人公が自我を確立してしまう話。

主人公は30代の女性。

彼女は、大学を出た後、18年もの間、

コンビニでバイトを続けているという・・・。

冒頭で描かれる幼少の頃のエピソードで、

なんとなく、主人公はアスペルガー症候群であることがわかってしまう(^_^;)

すると、そこからのお話は、

すべからく、さもありなんと思えてしまう・・・。

作者自身もコンビニでバイトをしていたとのこと。

すると、これは、私小説?

こういう人、いるんだろうねぇ・・・。

などとと、思っていると、

最後は、とんでもなくおぞましいことになる(^_^;)

悶えるような心の葛藤があればいいってもんでもないけれど

ここまで、無機的に淡々と主人公が自我を確立してしまうと

何だか、見てはいけないものを見てしまったような

いや~な気持ちになってしまいます(^_^;)

安部公房と筒井康隆を足して二で割った感じに近いもの、

といった印象をボクは受けました。

・・・それにしても、最後はおぞましい(^_^;)

この本を読んだ後で、コンビニに行って、

てきぱき仕事している人見たら、ちょっと身構えてしまいそう・・・(^_^;)



閲覧数:0回0件のコメント