• Keizo Murai

皆川博子著「空の色さえ」は、最初の一行目から、こわい・・・・(^_^;)

20ページ足らずの短編です。

が・・・

最初の一行目から、こわい・・・・(^_^;)

「二階にあがってはならぬと祖母に止められていた。

階段が急で危ないからというのが理由であったが・・・云々」

もう、何かが二階にあるとしか思えない(^_^;)

いきなり怖さ全開になる文章力のすごさよ。

とはいうものの、

この「怖さ」は戦慄してしまうような嫌な怖さではありません。

戦前の世界観と相まった、耽美で幻想的な異世界にいざなわれる怖さなのです。

初冬の夕方の寒々とした暗さが、一層寒く感じられてきました(^_^;)




閲覧数:0回0件のコメント