• Keizo Murai

足跡に潜む物語。

早朝、6:00。

外に出てみると

クリスマスのようになっていました。

一面の銀世界です。


私の足跡だけが残されています。

これは、何かといいますと

ごみ集積場所に、

「可燃ごみ」を出しに行って戻ってきた痕跡です(;^_^A




閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示