• Keizo Murai

車というものには人格が宿る、と思う。

長年使ってきたこの車も本日でお別れです。

最後の洗車をしていると、 感慨深い気持ちがこみ上げてきます。


事故にも遭遇せず、 家族を守ってくれてありがとな・・・ みたいなことを、ぶつぶつとつぶやいていて 車というよりも なにか「人」に近いような気がします。


「車」には、 単なる「機械」以上の何かがありますねぇ(;^_^A



閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示